特産品等開発・BUYえたじま検討部会

特産品等開発・BUYえたじま検討部会では、松浦由浩中小企業診断士事務所(中小企業基盤整備機構 中国支部 中国活性化支援事務局 チーフアドバイザー)を部会長に迎え、江田島市、江田島市観光協会、呉農協、江田島オリーブ振興協議会、深江漁協、江田島市水産物販売協議会、市内観光・飲食店関連事業者、商工会理事、商工会事務局が部会員となり、宅配・移動販売検討部会と同様に月に一度のペースで部会を開催しています。
江田島市の特産品等開発について、行政、関係団体、民間が一体となった組織、会議ははじめての試みです。

平成26年度において検討する事項

◎特産品等開発事業(地域資源の活用)

 1.調査事業の実施(地域内資源の調査の実施)
   ・委員会委員等による新規事業者及び新情報の収集
 2.支援する事業実施者の意向調査・選定(地域内人材の調査)
   ・事業実施希望者の募集と委員会(部会)での絞込み
 3.事業者による商品等開発の実施
   ・市内産品による特産品開発(土産品・飲食メニュー)目標2品目
 4.開発・販売への支援(想定される事業に向けた専門家情報の収集)
   ・実施事業者への専門家派遣等による開発・支援
 5.補助事業及び助成金等への応募(補助事業のPR)
   ・商品開発事業・全国展開・6次化事業等の活用(申請に向けての準備)
 6.新商品開発のため事業者への啓発活動(事業者への広報)
   ・委員会委員・商工会職員等の巡回訪問時に対象事業者へ成功事例や制度説明等事業を周知する
 7.地域産品活用を目指す啓発講習会・講演会の実施
   ・他地域産品の地域振興事例研修
   ・食の新メニュー開発講習会の開催

◎BUYえたじま事業(江田島ブランドの育成体制構築)

 1.地域ブランド戦略の学習
   ・地域ブランド戦略推進研修
 2.先進事例の把握と活用
   ・地域ブランド戦略先進地や先進企業の調査・研究(先進地視察研修等)
 3.江田島ブランドの認定
   ・江田島ブランド認定委員会(仮称)の設置により江田島ブランド認定基準を制定する
 4.江田島ブランド発信のための統一組織の発足(平成28年度目標)
   ・江田島産品セット商品の開発
 5.ホームページ等による江田島のイメージアップ
   ・平成25年度の事業を基盤として、マネージメントシート事業の経過等を含め情報発信を行う

第1回特産品等開発・BUYえたじま検討部会

開催日時 平成26年6月10日(火)18:30~20:45
開催場所 江田島市商工会 本所 会議室
出席者  部会員 11名 事務局 7名
協議内容
 (1)本年度の部会の進め方について
 (2)特産品等開発事業について
   ・えたじまブランド認定に関するスケジュール、江田島市地域ブランド推進協議会会則(案)、江田島市特産品等ブランド化認定審査会規則(案)を説明。
(3)BUYえたじま事業について
  ・江田島フェア(広島県アンテナショップ TAU)の実施について

第2回特産品等開発・BUYえたじま検討部会

開催日時 平成26年7月15日(火)18:30~20:40
開催場所 江田島市商工会 本所 会議室
出席者  部会員 12名 事務局 5名
協議内容
 (1)特産品等開発事業について
  ・「えたじまブランド」の認定について江田島市と協議した上で、江田島市長もしくは江田島市商工会長のどちらが認定するのかについて協議
  ・「江田島市地域ブランド認定審査会規則(案)」について、江田島市地域ブランド推進協議会会則に「えたじまブランド」認定となっており、「江田島市地域ブランド」を「えたじまブランド」に変更してはどうかとの意見があり、はかったところ、「えたじまブランド認定審査会規則」に変更することで了承された。それに伴う、各条文についても、変更することで了承された。
 (2)BUYえたじま事業について
  ・「えたじまブランドマスコットキャラクター募集要項」について
  ・マスコットキャラクターの応募について
  ・サマーフェスタ江田島2014及び江田島フェアについて
  

第3回特産品等開発・BUYえたじま検討部会

開催日時 平成26年9月16日(火)18:30~20:30
開催場所 江田島市商工会 本所 会議室
出席者  部会員 12名 オブザーバー 1名 事務局 5名
協議内容
      
  (1)特産品等開発事業について
    ・江田島市地域ブランド推進協議会等について協議会長を商工会長にすることと
     した
    ・「江田島市地域ブランド推進協議会会則(案)」「江田島市特産品等ブランド化認定審査会規則(案)」「えたじまブランド」認定要領(案)「えたじまブランド」認定のメリットについて説明し、審査員を10名前後になることについて了承した。
    ・えたじまブランドの認定後は、市・観光協会・関係団体・商工会その他関係団体とのリンクを貼る必要がある
    ・Facebookを立ち上げるとともに、平成26年10月末をメドに地域ブランドの
    ホームページの立ち上げを事務局に指示した。
    ・広島県、教育委員会、マスコミなどに周知・協力してもらうこと
  (2)BUYえたじま事業について
    ・サマーフェスタ2014の実施結果
    ・江田島フェアの経過報告
  (3)その他
    ・えたじまブランド等募集スケジュールについて

第4回特産品等開発・BUYえたじま検討部会

協議経過報告
開催日時 平成26年10月21日(火)18:30~21:15
開催場所 江田島市商工会 本所 会議室
出席者  部会員 10名  事務局 6名
協議内容        
  (1)特産品等開発事業について
   ①江田島市地域ブランド推進協議会委員について
    ・各団体より推薦のあった名簿について協議した
   ②えたじまブランド認定募集関係について
    ・「えたじまブランド第1回募集案内」、「えたじまブランド第1回認定申請書」  「えたじまブランド認定基準(案)」、「えたじまブランド認定第1次・2次審査表」、「えたじまブランド・審査取扱方針(案)」、「チラシの原稿(案)」について説明し、協議した。
    広報については、江田島市の広報へ記事掲載、チラシの配布、新聞折り込み、各団体へのポスター、チラシの配布、商工会員へは商工ニュースでの配布、会員企業へのポスター掲示などを実施することで了承された
   
 
  (2)BUYえたじま事業について
  ①「えたじまブランド」統一キャラクター募集等について
   ・えたじまブランドマスコットキャラクター募集要項(案)及びチラシの原稿(案)
    についてを協議し、募集要項については原案通り了承された。チラシについては修正案を部会員に送付し、江田島市地域ブランド推進協議会までに正式なものにるすということで了承された。

平成25年度において検討する事項

11月から月1回程度の開催(11月の部会で優先順位を決定)

◎特産品等開発事業(地域資源の活用)

1.調査事業の実施(地域内資源の調査の実施)
   ・商工業者の製造品・加工品の洗い出し(全国展開事業へ)
   ・農産物・水産物の一次産品および加工品の洗い出し(6次化事業へ)
   ・江田島ブランドとして販売できるものの洗い出し

2.支援する事業実施者の意向調査・選定(地域内人材の調査)
   ・商工会職員等による会員等の巡回訪問の実施し、会員等の意向の調査
   ・委員会委員等による事業実施者の推薦

3.開発・販売への支援(想定される事業に向けた専門家情報の収集)
   ・県連等の専門家派遣事業の活用

4.補助事業及び助成金等への応募(補助事業のPR)
   ・制度説明や成功事例掲載のチラシ・パンフレット等の収集および配布

5.新商品開発のため事業者へ啓発活動(事業者への広報)
   ・商工会職員等の巡回訪問時に対象事業者へ成功事例や制度説明等を
周知する

◎BUYえたじま事業(江田島ブランドの育成体制構築)

1.先進事例の把握と活用
   ・地域ブランド戦略先進地や先進企業の調査・研究(先進地視察研修等)

2.江田島ブランド発信のための統一組織の発足(平成28年度目標)
   ・各種イベント等において、江田島産品のPR・販売等の実施

3.ホームページによる江田島のイメージアップ
   ・商工会・江田島市・観光協会のホームページをそれぞれリンクさせ、江田島の旬の産品や飲食店マップの掲載、活気ある明るいニュースをアップし、情報の継続的な発信を行う

第1回特産品等開発・BUYえたじま検討部会

開催日時 平成25年11月19日(火)18:30~20:30
開催場所 江田島市商工会 本所 会議室
出席者  部会員 11名 事務局 7名
協議内容
(1)今後の部会の進め方について
(2)特産品等開発事業について
   ・事務局より特産品等の洗い出しをお願いした
(3)BUYえたじま事業について

第2回特産品等開発・BUYえたじま検討部会

開催日時  平成25年12月17日(火)18:30~20:30
開催場所  江田島市商工会 本所 会議室
出席者   部会員 10名 事務局 7名
協議内容
(1)特産品等開発事業について
   洗い出した資料を基に説明
(2)その他
   特産品等のえたじまブランド選定基準作りについて
   補助事業や助成金等の応募について

第3回特産品等開発・BUYえたじま検討部会

開催日時 平成26年1月21日(火)18:30~20:20
開催場所 江田島市商工会 本所 会議室
出席者  部会員 12名 事務局 6名
協議内容
 (1)農商工連携・地域資源活用・6次化産業・地域産業資源について
 (2)特産品等開発事業について
    えたじまブランドの選定基準について

サブコンテンツ

このページの先頭へ